父ちゃんは辛いよ

働く父子家庭のとうちゃんへのメッセージです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

とうちゃんは辛いよ!

今日は父子家庭について少し、話したいと思います。

母子家庭は知っていたけど、父子家庭は知らないという人もいるかと思います。

父子家庭って>>>母子家庭と同じです。

でも、認められたのはここ最近では自治体が認めるようになってきました。

私が、父と息子の二人だけの生活が始まった頃にはまだ認められている自治体は

少なかったと思います。

最初は親権と養育権を取ったけど、さてさてどうしようかぁー

私は両親がすでに他界していたので、じいちゃん、ばぁちゃんを頼ることもできませんでした。

そうなんです。

おんぶして仕事に連れていきました。

二歳で一人で家に待たせることができずに仕事場におぶっていきました。

通勤の途中は私の視界の中に映った人たちは好機の目で私たち親子をみていました。

会社の社長からは怒られるし、しかし、事情を知った社長は会社に連れてくることを許して

くれました。

それどころか、私が社外に出かける時は事務関連の女子に、たまには自分がこの子をみてくれ

ました。

本当に感謝 ! 感謝 ! です。

足を向けて寝れないほどの感謝です。

そんな日々が約 1年半ほど続きました。

やっと、幼稚園の年少組に入園できて>>>


会社の社長は一昨年に他界されましたが、私はまだその会社に勤めています。

来年に定年となりますが、おそらく、役員として数年働くことができるでしょう。

亡くなられた、社長には返しても返しきれない大恩があります。

体の続く限り、役に立てる間は恩返しの半分でも返せたらと思ってのす。

この、14年間に私は会社の役員にまで引き立てて貰いました。





父子家庭の話でしたね>>>



父子家庭が自治体に確実に認知されたのは、男女雇用均等法が成立してからやっと自治体で認知

されてきました。

それまでは、親父は認知だけして黙って養育費を支払いしろよ!

そういう風潮が世の中全体にありました。

男手で子供を育てるって大変でしたけど、楽しいこともあります。

どんな子になるのか ? どのように育てていけばててのか ? 試行錯誤の毎日ですが、苦労とは

一度も思いませんでした。

返って毎日が楽しくて、毎日、帰宅の途中に幼稚園に迎えに行くことも、毎日一緒にお風呂ら入る

のも、ご飯を食べるのも、こぼした飯粒飯拾って食べるのも楽しい日々でした。

やだなぁー   と思ったことが、1つだけありました。

それは小学校の授業参観やらPTAなど会合のときには嫌でしたね。

何故なら、同級生の親は私より一回りは歳下のおとうさん、おかあさんです。

その中に、一人だけ初老の私がいるのです。

そして、授業参観来られるのは10人中9人が母親です。

その中に、初老のオヤジが混ざっているのですから目立つといえば目立つし、過去に経験した

好機の目で見られてる視線を感じました。

いやだなぁー というより、なんと言ったらいいのか ????

言葉には表現できません。

何とか、小学校も高学年となり次に中学への進学です。

中学校は義務教育ですが、どこの中学に行くかによって次の高校進学がおおよそ見え出してきます。

いまでこそ、どこの中学に進学するのかはある程は選択できますが、やはり、区によっては校区が

決まっています。

次の高校進学を決める手立てとしては、人気のある中学にするためにその区に引越しするか、中高一

貫の私立に進学するです。

これは、悩みましたね>>>>>ネットで調べては[はぁー]とため息ばかり、寝ても覚めてもそれば

かりです。

仕事も手に付きません(笑)


で>>>>>>>




結局どうしたかって ?

どうしたと思いますか ?

結論は1つです。

ていうーか、 人気のある中学のある区への引越しと、中高一貫の私立への進学です。

子供は平然としらっとしてました何とかなるさぁー、親はたまったものではありません。

お金と時間どちらも必要になります。

高校の進学はある程度楽でしたが、中学校を選ぶのは寝ても覚めてもそればかりでなかりきつかった

ですね。

そして、最近になって気づいたことがあります。

父親は決して母親にはなれないということです。

このことに気づいた時は辛かったです。

ここまでやっても、どこまで行っても父親であり、母親にはなれません。

そうなんだ !
 
こいつも、二歳から母親の顔もしっかりとは記憶にないんだ。

二歳から、母親には一度も会ってないんだ。

母親に会いたいとも一言も言葉にだして言ったことはありません。

一度も>>>>>








言葉だけで物事を伝えようとしています。
中には、不快と感じられる方もいるでしょう。
だからぁーーーーーーなんなの ?
何が言いたいの ?
て   いぅかぁー
私は私たちと同じ環境にいる子供達やとうちゃんへの
応援のつもりで綴っています。
不快と感じられる方は削除していただいてください。

とうちゃんは辛いよ  より


















関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。