父ちゃんは辛いよ

働く父子家庭のとうちゃんへのメッセージです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

父ちゃんは辛いよ



父ちゃんは、やっては行けないことをやってしまいました。

母親にとって、お腹を痛めた子を手放すのはとても辛いことだと思います。

しかし、この子の母親はいとも簡単に応じてきました。

かなりの抵抗があると覚悟はしていましたが、あっさりと諦めました。

女手で一人の子供を育てるのが邪魔だったのか ?

今でも、不思議でなりません。

「えっ」って感じでした。

その分、父ちゃんはこの母親に対して不信感を抱いてしまったのです。

小学校低学年の教科書には、いたるところに「おかぁーさん」という文字が頻繁に出てきます。

彼の教科書から、「おかぁーさん」の文字がきえました。

父ちゃんは、やってはいけないことをしてしまいました。

それに、気づいたのは彼が小学校二年生になったときです。

「彼はいいました。僕の教科書みんなのと違うよ? 何故 ?」

父ちゃんは、ハットしました。

彼の教科書のおかあーさんという文字がすべてマジックで消されていたのです。

どういうことか、お分かりですよね。

父ちゃんは、とんでもないことをしてしまったことに気づきました。


そして、改めて彼の教科書の中に書かれている「おかぁーさん」という文字を書き入れたのです。


今日は、これ以上書けません。


その時のことを思い出すと、・・・・・・・・









関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。