父ちゃんは辛いよ

働く父子家庭のとうちゃんへのメッセージです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ついにやってきたぁぁぁ一次反抗期






ついにやってきました。

一次反抗期・・・・彼は何の問題もなくすくすくと小学校低学年を成長してきました。

しかし、小学 3年の後半ころからやたらと反抗的態度があからさまになってきました。

なんで ? どうして ? 僕には自由はないの ? 勉強しなさい ! 早く寝なさい ! そればっかじゃん !

ことごとく反抗するようになってきました。

正直、むかぁぁぁε=ε=(怒゚Д゚)ノと来るときもありましたが、あえてその気持ちを抑えるようにしていました。

あぁぁぁぁ こいつも成長してるんだ>>>>>>>>これが一次反抗期なんだ。

自分の小学生のころと重ねて思い起こしてみました。

ここで、大人の威厳で叱ったり、厳しい提言をしたりしてはいけません。

だって、早く寝ないと朝おきれないだろ サラッと

なんで ?  それはやってはいけないことだからさ サラッと

勉強しないと成績が悪くなるだろ サラッと

俺は、お前のそんな反抗的態度嫌いだなぁ サラッと

言い流して、遠くから見守るようにしていました。



このころから、自我が目覚めてきます。

自我に目覚めるのは子供の成長には欠かせないことだからです。



そして、ここで親の威厳で子供を押さえつけてしまうと、次の二次反抗期に悪影響を与えてしまいます。

必ずやってくる二次反抗期 !! きっとくる ! きっとくる !(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚) です。

これは、私の持論で全ての子供に当てはまるものではありません。

また、すべての親に当てはまるものでもありません。



そこんとこ、誤解のないようにしてください。

あくまでも、私自身の考え方です。

そして、きっとくるぅぅぅぅ ! きっとくるぅぅぅぅ !

二次反抗期に添えて>>>>>>>























関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。